堺市で太陽光発電を考える

地震と津波による福島の原子力発電所の事故以来、電力不足に対応するために、また安全でクリーンな電力を確保するために、太陽光発電が注目されています。
私の住む堺市には、数年前から太陽光発電に使用する太陽電池を作っている工場ができたこともあり、太陽光発電への市民の関心は高いように思います。
最近は特に新築住宅を中心に、太陽光発電装置を屋根に取り付けているのを目にすることが多くなりました。
また太陽光発電についての知識も広く知られるようになってきたので、既存住宅でも設備を導入する家庭も増えているようです。
もし電力不足で計画停電が実施されても、太陽光発電を導入していれば電気を利用できるし、また災害対策としても安心できる設備ですね。
nullそのうえ自宅で使用して余った電力は、高価な料金単価で電力会社に売ることもできるので、太陽光発電で自宅にて使用する電力をまかなったうえ、収入も得られるなんて嬉しいですね。
ただ、設置するための費用が心配ですね。
設置費用はいくらかかるのか、また装置の耐用年数はどのくらいなのか。
設置費用を十分まかなえるだけの収益があがるのかどうか。
設置する場合には業者とその点について納得できるまで相談することが大切です。
また各自治体から、設置費用にたいして補助金が支給される制度があるので、その制度についてもしっかり確認する必要があります。
生活を便利にしてくれる電力製品はますます増えるばかりです。
もちろん今後の家電はエコ家電が中心になってくるので、電力の消費を抑えることができるかもしれませんし、電力不足に対して各家庭で協力できることは協力していきたいとは思いますが、太陽光発電がもし自宅に導入されていれば安心して暮らすことができるとは思いませんか。
これからの日本の電力供給状況を考慮するとき、各個人ができる対策として、自宅への太陽光発電設備を導入することが、一番有効で必要な対策だとは思いませんか。