結婚を機に新居を探していたところ、最近の最近のマンションには太陽光発電が設置されている物件があるという事を知りました。
私たちが新居を構えようとする場所は東大阪市、大阪府の中でも人口の多い地方都市という場所柄、賃貸マンションもたくさん建っている場所なのですが、最近は新しい賃貸マンションもますます増えてきたような気がするのですが、その中にあるのがこの太陽光発電を設置したマンションです。
賃貸マンションに太陽光発電を設置というと、一昔前までは考えられなかったことだと思います。
それは太陽光発電を設置するのは戸建て住宅の屋根というイメージがあったからです。
それがこうして賃貸マンションにあることのメリットは何なのか?と仲介業者である不動産会社の営業担当に尋ねたところ、マンションの屋根で発電をした電力は日中ではマンションのエレベーターを動かす電力や共有スペースにある電球の電力に使うという事で、それらに利用して余った電力は地元の電力会社に売電をすることにより収入を得るというのです。
そしてそうしたことにより、日中に必要な電力は太陽光により発電をされた電力で賄うことができるので、雨や曇りの日以外はほとんど電力会社の電気を必要としない事で、入居者が負担する共有費が安くなるというメリットがあるというのです。
そして売電をして得た収入は、月々換算では少額ではあるがそれを積み立てて行く事という事で、それを管理費に充当していくというのです。
管理費はマンションの修繕などの時に必要となる費用です。
わずかながらでも月々積み立てをすることで、いざという時に入居者の負担が多少なりとも少なくなるというメリットもあるというのです。
こうして話を聞いてみると、とても興味を持ちました。
家賃自体も同じ東大阪市の同レベルのマンションと比べても特別に高いという訳でもありません。
奥さんになる人と良く話し合った結果、この賃貸マンションを借りる事に決まりました。
新築で、私たちが最初の入居者というのも決め手で、新しい生活を新しいマンションで始めることができます。