太陽光発電を始めるのなら、やはり雨や積雪の多い地域より雨の少ない地域の方がいいでしょう。
大阪は比較的少雨の地域であることは多くの人が知っていることです。
それに、大阪府では電力の需給見通しですったもんだした地域です。
そんなに電力が不安定なら、東住吉区でも太陽光発電を始めたいという家庭が増えるのも当然でしょう。
太陽光発電を始めるのなら、安心して電気が使えるという他にお得なのかということも気になるところです。
いまは国に補助金があるからと、大阪府独自の太陽光発電のための補助金をやめてしまいました。
それでも国の補助金が、3.0kWでシステム価格が47.5万円/kW以下なら105,000円でます。
それに加えて買取制度で10年間42円買取ってくれます。
それに太陽光発電システムの価格が、ここにきてかなり低価格になってきています。
また発電効率の高い太陽光発電システムも登場しています。
それらの条件が合わされば、10年以内に初期費用を回収することは難しいことではありません。
つまり、太陽光発電は、10年以内に黒字にすることできるということです。
黒字ということは、つまり利益が出る商品であるということができるわけです。
大阪の人間は利にさといといいますが、10年以内に利益を生みだすことも十分可能なのですから、東住吉区でも太陽光発電を始めるお宅が多いわけです。
しかも、来年度には現在の買取価格から、30円台にまで下げようという話もあります。
買取価格を下げられては、初期費用を回収するまでに時間がかかってしまいます。
補助金もあり高値で余剰電力を買取ってくれる制度もある、そんな有利な状況のうちに太陽光発電を始めるのが得策のように思います。
来年度までにはもうすでに時間がありませんが、太陽光発電を始めるなら今がチャンスなのでしょう。
太陽光発電を始める経済的余力があり、家の環境が太陽光発電に向いているのなら今始めるべきでしょう。