Archive for the ‘都会で太陽光発電’ Category

平常時はもちろんですが、災害時などの時の電力源としても注目が集まっているのが、太陽光発電システムです。
通常、太陽光発電によって発生した電気は設定を変えない場合、そのまま家庭内で消費されますが、停電時などの場合に、自立運転モードに切り替えることで、貯めた電気を非常用コンセントから供給することが可能となると言います。
しかし各メーカー共通で供給出来る電力は、1.5kWが上限となっており、それだけで家庭の電気を全て遣り繰りするのは、ほぼ不可能です。
さて、そこでこの停電時等での電力不足を補うものとして、太陽光発電には、蓄電池の併用が提唱されているのだとか。
蓄電池を導入して、日常から家庭用の100Vのコンセントから電気を貯めていれば、もしもの際も安心という訳です。
太陽光による発電と、電力会社からの電気を充電しておける蓄電池、2重の電源があれば、停電になった時でも、確かに心強いだろうと思います。
両方とも家に導入されていれば、緊急時でも、まさに備えあれば憂いなしでしょう。