大阪で太陽光発電をすると・・

大阪の東住吉区に住んでいるおじさんが太陽光発電を設置したと言う話を聞いて、その理由を聞いてみました。
その理由は、東日本大震災の時の、福島の原発事故はものすごくインパクトが大きくて、原子力は危険だと言う認識で、それであるならば自分で安全安心のエネルギーである電気エネルギーを作ってみようと思ったと言うことでした。
補助金とか、経済的メリットなどは関係なく、安全な電気エネルギーを作りたい、それを個人でできるのは、太陽光発電しかないと言ったことで、太陽光発電を決断したそうなのです。
確かに再生エネルギーを個人でできると言ったら太陽光発電しかありません。
無尽蔵な太陽エネルギーを個人の設備でできるのです、これ以上の貢献はないといえます。
太陽光発電を、メリットデメリットで判断することが多いと思います。
当然、ポケットマネーを出して設置するわけですから、経済的魅力は必要です。
しかし、安全安心のエネルギーを自分で作ることができる、この一点の理由だけで作ってもいいではありませんか。