都会での太陽光発電導入について

近年、世界レベルで地球温暖化が加速しています。
その原因としては、二酸化炭素など温室効果ガスの排出が挙げられます。
そこで、日本では国や自治体をあげて、温室効果ガスの排出量削減を目指しています。
さらに、地球環境に配慮したエネルギー事業の導入を進めています。null
大阪でも、そのような事業の一環として、おおさか環境ビジョンを策定して、低炭素社会の実現と地球温暖化防止のために、住宅用太陽光発電システムの導入を促進しています。
太陽光発電は、太陽の熱エネルギーを電力に変えるため、天然資源を利用しないことから地球環境に配慮した発電方法といえます。
さらに、発電時には二酸化炭素を排出しないため、地球温暖化の防止にも役立ちます。
ただ、太陽光発電システムの設置には高額の設置費用がかかります。
そこで、大阪市ではあらたに住宅の屋根などに太陽光発電システムを設置する家庭に対して補助金制度を設けるなどの措置を取っています。
補助金を支出することで、設置費用の負担を減らして太陽光発電システムをより多くの家庭に普及させることが狙いです。
実際に、この補助金制度を利用して太陽光発電システムを自宅に設置する人は増えています。
そして、大阪市では、住宅用太陽光発電システムの導入促進だけでなく、所有地に大規模太陽光発電所の建設計画を立てています。
南港などの埋め立て地を利用して、いわゆるメガソーラーシステムを作ることで電力の安定需給をもくろんでいます。